はじめに

今回は、パソコンの画面上の動きを
そのまま動画として録画できる
動画キャプチャソフト

「Bandicam」

の使い方について説明します。

動画キャプチャソフトは
いろいろネット上で
配布されていますが、
いろいろ試した結果、
Bandicamが一番使いやすく
高機能です。

無料でダウンロードもできますので、
さらにおススメです。

ダウンロードはこちらから
できます ↓ ↓

Bandicamダウンロードサイト

ただ、無料版ですと、
Bandicamのロゴが画面上に
出てしまうので、
本格的にYouTubeで活用したければ、
購入をおススメします。

 

Bandicamの基本的な使い方

Bandicamをダウンロードして、
起動すると、
上のような画面が出てきます。

①~③のボタンについて、

①ゲーム画面を録画するモード
②PC画面を録画するモード
③PCのWEBカメラから録画するモード

となります。

は録画開始・停止をするボタンです。

 

実は、日常使うのは
以上のボタンくらいです。

メチャ簡単ですね(笑)

 

実際の使い方

では、PC画面を録画する方法を
実際に説明します。

上の②のボタンを押すと、
下の画面のように、
青い枠が出現します。

この枠内の部分を録画する、
ということになります。

この枠は、上下左右にマウスで、
広げたり、縮めたりできます。

ですから、ターゲットの画面のサイズに
合うように枠の大きさを調整してください。

調整が終わったら、
右上の「REC」のボタンを押すと、
録画開始します。

もう一度押すと停止します。

 

画面サイズは上記のように
手動で自分の好みのサイズに
してもいいですし、

下の画面のように、
左上の▽ボタンを押すと、
いろいろなサイズを指定できます。

もちろんフルスクリーンもOKです。

 

 

基本設定

設定はデフォルトで問題ないですが、
動画として出力するときに、
サイズが重くなったりすることも
ありますので、
以下のような設定がいいかと思います。

まず上画面の赤丸部分をクリックして、
以下のような画面を出します。

これは私の設定なのですが、

設定であまり時間をかけたくない、
と思われる方は
私の設定をマネしていただいて
結構です。

ファイル:「AVI」
ビデオ:サイズは「オリジナル」
    フレームレートは「30」
    コーデックは「Xvid」
    画質は「80」
オーディオ:コーデックは「PCM」
      チャンネルは「ステレオ」
      サンプルレートは「48000」

という感じです。

 

音声の切り替え

録画するときに、
外部音声を入れるかどうか、
という状況はあるかと思います。

つまり、作成する動画の中の音声を、
PC内で出される音だけを録画するのか、
PCにつながったマイクを使用して、
自分の声も動画内に録画するのか、
ということです。

その場合の設定は、

まず下画面の赤枠をクリック。

すると、以下の画面が出ますが、

赤枠をクリックして、
変えるだけです。

「Win7 Sound(WASAPI)」
を選択すると、
自分の音声は入らず、
PC内の音だけが録画されます。

「マイク(Realtek High Definition Audio」
を選択すると、
自分の音声とPC内の音声が録画されます。

 

最後に

以上のことを知っておけば、
Bandicamは普通に使うことができます。

Bandicamの良さは、
ネット上の動画をダウンロードせずに
録画して保存できることです。

いろいろな場面で活躍しますので、
YouTubeを極めたければ、
必ず持っておきたいツールです。

ちなみに、
毎回の記事で最上部に掲載している
説明動画は、
すべてBandicamで撮影しています。

説明動画を作るときは、
さらに重宝しますよ。

あらためてダウンロードページへの
リンクを貼っておきますね。

Bandicamダウンロードサイト

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。