今回は再生リストを作って、
関連動画を攻略し、
自分の動画の露出を増やす方法を
説明します。

 

再生リストとは

再生リストというのは、
いわばカテゴリー分けなんです。

例えば芸能関係で、
ジャニーズの嵐の動画を作ったら、

「ジャニーズ」という再生リストを作って、
その中に嵐の動画を入れる、
などという使い方です。

 

再生リストの中に入れた動画は、
相互に関連が強くなり、
その中の1つの動画が再生されたとすると、
再生リスト内の他の動画が、
その動画の関連動画として
表示されやすくなります。

あと、再生リストは検索エンジンにも
ヒットされますので、
なおさら動画の露出が増えるので、
メリットだらけなんです。

 

再生リストの作り方

再生リストは簡単に作れます。

以下の画面は動画をアップした直後の
画面なのですが、

赤枠の「再生リストに追加」をクリックし、

 

さらに、下図の赤枠の「新しい再生リストを作成」を
クリック。

 

そして、下図の赤枠①に
再生リストのタイトルを入力し、

赤枠②の「作成」をクリックすると、

 

再生リストができあがります。

簡単ですねw

 

 

再生リストの活用法

上でも述べましたが、
再生リスト内の動画は
互いに関連度が高まり、
関連動画表示されやすくなります。

ですから、再生リストは
できるだけたくさん作ったほうがいいです。

作れる数には制限がありませんので。

あと、1つの再生リストに入れる動画は
最低でも10個以上にしましょう。

それと、再生リスト内には
自分の動画だけでなく、
他人の動画も入れるようにしましょう。

というのは、
他人の動画にも、自分の動画を
関連動画として表示したいからです。

理屈は分かりますよね。

 

ただ、自分の動画にしても
他人の動画にしても、
必ずジャンルが同じものを
入れるようにしてくださいね。

でないと、
YouTubeからスパム扱いされます(汗)

 

その他、
再生リストの使い方、活用法は
最上部の動画内で
詳しく説明していますので、
そちらをご覧くださいませ。

 

今回は以上となります。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。