どんなネットビジネスでも言えることですが、、、
稼げる人と稼げない人がいるんですね。

その差ってどこにあるんでしょうか?

 

今回はYouTubeでの場合で、
お伝えしようと思います。

YouTubeで稼ぐ、ということは
基本的にYouTubeアドセンスで
稼ぐということですよね。

YouTubeアドセンスは、
動画の再生数の約10分の1が
報酬として入ってきます。

つまり、1万回再生されたら
1000円くらいが報酬になるんですね。

そうであれば、
単純に再生数を
上げる努力さえすればいいので
ホント、ラクなビジネスなんです。

ところが、
その再生数を上げられなければ
稼げないわけです。

要は、そこの差なんです。

では、
再生数が上げられない原因は
どこにあるのか?

 

スキル?

センス?

作業量?

 

この3つは必要ない、とは言いませんが、
理由はもっと別のところにあります。
※作業量はできるだけあったほうがいいです(汗)

 

答はズバリ、

「ユーザーの目線に合った動画が
作れているか」

ということに尽きます。

 

つまり、

ユーザーが喜ぶジャンルになってるか?

ユーザーが喜ぶ内容、構成になっているか?

ということです。

 

動画を作るときは、
自分が見たい動画、
ではなく、
ユーザーが見たがる動画を
作ること、

これだけなんです。

当たり前じゃないか!
と思われるかもしれませんが、
その当たり前のことができていない人が
稼げていないんです。

 

その心当たりがない人の特徴として、
な ん と な く
ユーザーが興味ありそうなネタを
動画にしているんです。

そうではなく、
ちゃんとしたデータに基づいて、
ユーザーの需要を読み取らないと
いけないんです。

 

つまり、

リサーチ不足なんです

 

だから、
再生数を伸ばすには
とにかくリサーチが必要だということですね。

自分の感覚なんて、
あてになりません。

実際にどういう動画が
再生数を伸ばしているのか、
それを徹底的に調べるんです。

ヒットしている動画のマネをすれば、
当然再生数は伸びますよね。

※決して他人の動画自体を丸パクリする、
ということじゃないですからね(汗)

 

ヒットしている動画が・・・

・どういうジャンルか?

・タイトル、説明欄、タグの付け方はどうか?

・サムネイルはどうか?

・動画への評価は?

・コメントは?

・終了画面やカードの使い方は?

・再生リストの使い方は?

 

このあたりは、
最低限見ておく必要があります。

それを1つの動画、チャンネルだけでなく
いろいろYouTube内を巡って
リサーチしてみたほうがいいです。

そのリサーチを粘り強く続けていくと、
ヒット作に共通点があることに
気付くはずです。

そこに気づければ、
今後、あなたの作る動画は、
再生数が自然に伸びていきます。

この感覚って、
人から教えてもらうだけでは、
なかなか身につかないんです。

自分で発見して、
初めて身に付くものなんですね。

それは決してセンスなのではなく、
経験から培った

「稼ぐ力」

なんです。

 

その稼ぐ力を身につけるために、
リサーチをどんどん行ってください!

 

 

ここで、
少し補足をしておきます。

YouTubeに限らず何でもそうですが・・・

手を抜いたコンテンツは、
やはり成長しません。

例えば、丸パクリの動画を作ったり、
コピペだけの動画であったり。

作成する側が、
魂を込めて、見る人のためを思い、
気持ちを込めて作ったコンテンツが
自然にヒットしていきます。

そこには、妥協をしないこと、
ひと手間加えること、

を心がけることだけで、
飛躍的にアクセスも上がるものです。

 

つまり、

誰にも迷惑をかけず、
むしろみんなに喜んでもらえる動画を
作ることが
再生数を伸ばす一番の秘訣だということですね。

 

この精神を持ち続ければ、
YouTubeに限らず、
どの分野でも稼げますので、
ぜひ心がけてみてください。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

 

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。