先日、YouTube動画をブログに貼り付ける方法を
ご紹介しました。

その記事はこちら
⇒ ブログにYouTube動画を簡単に埋め込む方法!

 

その後、こんな質問をいただきました。

他人の公開したYouTube動画を
自分のブログに貼り付けて、著作権とか
大丈夫なのでしょうか?

確かにもっともな疑問だと思いますので、
今回はそのあたりについて、
述べたいと思います。

 

埋め込みであれば、基本的には大丈夫!

YouTubeにアップされた動画は、
ほとんどのものは「共有」できるようになっています。

その共有の中から「埋め込みタグ」を取得し、
それを自分のブログに貼り付けるのは問題ないようです。

動画作成主からしても、
他人の動画に埋め込まれれば、
自分の動画が拡散するわけですから、
うれしいことではありますよね。

作成主が、埋め込まれたくない、
と思えば、
埋め込めない設定をしているはずなので、
埋め込めるタグが用意された動画は、
遠慮なく埋め込んじゃってください。

ただし、埋め込みタグ自体を勝手に変えることは、
YouTubeの規約では禁止されているので、
ご注意くださいね。

 

あと、ブログ内で、紹介程度、
もしくは引用程度で動画を埋め込むのは
全然問題ないですが、貼り付けまくって、
動画の羅列になるようなブログだと、
YouTubeの規約違反になるようです。

”大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、
意図的に広告収入を得ようとするだけのブログは、
利用規約に違反しているものと見なされます。

そこを守れば、
ブログ内の広告で収益を得るのは
問題ありません。

 

貼り付ける動画の中身に気をつけるべし!

「埋め込みタグ」を使えば、
どんな動画でもOKというわけでもありません。

YouTubeでは今もまだ、
多くの違法アップロードされた動画が
存在します。

テレビ番組をそのままアップしたもの、
著作権で保護されたアニメ、音楽などを
無断でアップしたものなどが
それにあたります。

それらは、動画自体が違法ですから、
自分のブログに貼り付けることは
避けてください。

 

では、公式、つまり
芸能人が自分でアップした動画は
大丈夫なのか?

ここは難しいところです。

JASRACが管轄するPVなどの音楽関係の動画は、
基本的にはNGのようです。

ただ、アフィリエイトなどの商用ブログでなければ、
OKしている部分もあります。

そのあたりの線引きが難解なのですが、
貼り付けたい音楽動画については、
JASRACに実際に問い合わせるのが
確実かもしれませんね。

 

まとめ

著作権については、

結局のところ、
他人に迷惑かけちゃダメよ、
ってことを頭でまず考えることですね。

例えば、
アーティストの音楽動画を拡散させるのは、
本人もうれしいでしょうけれど、
それパクリ動画だったとしたら、
本人は広告収入も入らないどころか、
CDも売れなくなり、
大損害です。

 

YouTubeチャンネル運営もそうですし、
ブログ運営もそうですが、
相手が喜び、自分も満足できる、
そういった投稿をしていけば、
自ずとユーザーも寄ってくると思いますので、
「相手の立場に立った」運営を
心がけていきましょう~

私も(汗)

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。