最近はYouTubeチャンネルのBAN祭が
頻繁に行われています。

2016年の11月中旬に1回目、
12月末に2回目、2017年1月中旬に3回目。

上記の期間以外にも
継続的にYouTubeチャンネルが
停止になる事態が
頻繁に起きているようです。

そこで、今回は
どういったYouTubeチャンネルが
停止になっているのか、

を書き記します。

YouTube停止の復活法を知りたい人はこちら
⇒ YouTubeチャンネル停止になったときにやるべきこと 

私自身、
この3か月でいくつかチャンネルを
停止されていますが、
それについて、あらゆる方向から
検証済みですので、
信憑性が高い、と自負しています。(笑)

 

YouTubeは最近急激に仕様変更が
あっていますので、
3カ月前の情報は鵜呑みにしないほうがいいです。

 

常に新しい情報を手に入れるようにしてくださいね。

 

 

停止されるYouTubeチャンネルとは?

まず、YouTubeでは
違反の対象となる事項として
大きく2つに分かれます。

1つは「著作権違反」
もう1つは「コミュニティ違反」
著作権違反は言うまでもなく、
著作権で守られたコンテンツを
投稿することです。

たとえば、
テレビ番組を録画したものを
そのままアップロードしたり、

CD化されている音楽が
BGMとして流れていたり・・・

などなどです。

コミュニティ違反については、
エロ、グロなどの公共に開示するのが
ふさわしくないコンテンツ、

あと、他人の動画をそのままパクって
自分のチャンネルでアップすること、

さらに、ツールなどを使って
大量に動画をアップすること。

などなど・・・

著作権違反、コミュニティ違反、
いずれにしても、
以前は3回警告を受けたら
チャンネルまたはアカウントを
停止されていました。

しかし、最近のBAN祭では、
警告やメールでの連絡もなく、
急に、しかも一発で
チャンネルが停止になっている
ケースばかりです。

 

そして、ほとんどが
コミュニティ違反での停止です。

以前は著作権違反のほうが
厳しい印象がありましたが、
今はコミュニティ違反を
一斉に取り締まっている傾向にあります。

特にコピー動画に対してです

他人のチャンネルの動画を
自分のチャンネルにアップして
儲けようとする人が
とても多いんです。

実際、それはラクですからね。

あなたもYouTubeで検索したときに、
まったく同じ動画がたくさんヒットした
経験があると思います。

あれらはほぼコピー動画です。

ただ、それがYouTubeでは
スパムとして扱われ、
徹底排除する姿勢を見せています。

それらがことごとく
BAN祭で停止にされています。

コピーして、画面サイズを変えたり、
動画をカットしたりと、
ちょっと編集したりしてもダメです。

相手は天下のグーグル様なので、
そんな小細工は通用しません。(汗)

ひょっとしたら、
そういう悪いことを一切していないのに、
BANされた人もいるかもしれません。

それは、気づかないうちに
他の人があなたの動画をどこかで
パクっている可能性があります

そういった場合でもYouTubeは
機械的にBANしてきます。

これは気をつけようがないのですが・・・

では、実際にYouTubeが停止になったら、
どうすればいいのか?

異議申し立てをすればいいのです。

 

その方法を知りたい人はこちらでご覧ください。
YouTubeチャンネル停止時にやるべきこと

 

新規チャンネルを作りたい人はこちらをご参考ください
チャンネルを停止後、新規チャンネルを作る

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。