スマホでYouTube動画を閲覧するときに、
気になるのがパケットの
通信量ですね。

Wifi環境なら気にすることもないですが、
それ以外の環境だと、
動画を数秒再生するだけでも
莫大な通信量になりますし、
スマホではギガ制限というものもありますので、
何とか通信量を抑えたいものです。

そこで、
YouTubeをスマホアプリで見るときに、
手動で通信量を抑える方法を
ご紹介します。

※スマホの機種やアプリのバージョンにより、
画面が違う場合があります。

 

 

YouTubeスマホアプリの通信量を抑える設定方法

まずはスマホで、
YouTubeアプリを起動します。

 

YouTube動画の画面の右上に
「・」が縦に3つ並んだアイコンを
タップします。

もし動画が再生中で、そのアイコンが
出ていなければ、
動画の画面上を1回タップすれば
出てきます。

 

アイコンをタップすると
下のような画面になります。

歯車の「設定」をタップします。

すると下のような画面になります。

 

ここで、数字がずらっと出てきますが、

この数字が再生する動画の画質を表しているのですが、
数字が大きいほど高画質になります。

当然、高画質になればなるほど、
通信量も多くなってきますので、
ここでは、通信量を抑えるために、
できるだけ小さい数字を選んで
タップします。

画質に特にこだわらず、
動画が見れればいい、という人は、
一番小さい「144p」で充分です

ちなみに
「自動選択」を選ぶと、
スマホが現在いる環境を
アプリが勝手に判断して、
画質を選択してくれる、
というものです。

wifi環境であれば、高画質になり、
4Gや3G環境であれば、
より低く、その場に合った画質にしてくれます。

 

ただ、wifi環境以外では、
手動で小さく設定したほうがいいです。
できるだけパケット通信は
少なく抑えたほうがいいので。

そして、スマホで動画を見るときは、
できるだけwifi環境で見ることを
おススメします。

 

補足

 

YouTube動画の通信量を抑える方法として、
YouTubeアプリの設定で
画質を変える方法をご紹介しましたが、

別の方法もあるので、
軽くご紹介します。

 

それは、
スマホでYouTubeを見るときに、
YouTubeアプリではなく、
ブラウザで見る、ということです。

特に、
Opera miniやGoogleChromeブラウザアプリであれば、
YouTubeアプリの約50%の通信量で
動画を見られる
という報告もでているそうです。

ブラウザアプリは、
画像や動画を勝手に圧縮してくれるように
なっていますので、
自然と通信量も少なくなるわけです。

もちろん、圧縮するからには、
画質もそれなりに低くはなりますが。

 

YouTubeをスマホで頻繁に見る方は、
試してみてもいいかもです。

 

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

 

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。