日々、YouTubeの規制が厳しくなり、
アップされた動画がどんどん削除になっていることは
ご存知かと思います。

それでは、
どんな動画が削除されるのか?
安全な動画とは?

そのあたりをまとめてみます。

 

 

削除対象の動画ジャンル

削除されやすい代表的なものが、
言うまでもなく著作権違反の動画です。

 

・テレビ番組をそのままアップ

・DVD、CDの映像や音楽をアップ

・他サイトの文章や画像をパクって
そのままアップ

 

など、要は
他人がその著作物で稼いでいるものを、
そのまま引っ張ってきて
アップロードするような動画は
すぐに削除の対象になります。

 

他人の物をパクルのは、ラクですし、
特にテレビ番組は再生数が上がりやすく
稼ぎやすい、という魅力はあります。

ですが、
それらは他人に迷惑をかけるものですから、
当然YouTubeもだまってはいません。

 

削除のタイミングとしては、
アップロードしてすぐに警告が出るものもありますし、
アップしてしばらくたってから、
YouTubeのロボットで検知される場合もありますし、
視聴者からの通報で削除されるケースもあります。

ちなみに視聴者から3回通報があると、
削除になるようです。

 

その他に動画やチャンネルが削除されるケースとして、

他人がアップロードした動画を丸パクリして、
アップする。

これは著作権違反にならなくても、
スパム扱いとして削除されるケースがあります。

 

あと厄介なのが、

たとえクリーンな動画であっても、
心無い視聴者が悪意をもって通報するケースがあります。

さらに厄介なケースが、

あるチャンネル運営者が
こちらのチャンネルの動画を丸パクリした後に、
こちらのチャンネルを通報し、
削除させる、といった行為をすることがあります。

本当に悪い奴はいるものです(汗)。

これへの対策法はあることはあるのですが・・・

 

 

削除される動画は、著作権も気をつけるべきですが、
最近のYouTubeはスパム動画を徹底して
排除する傾向があります。

つまりコピー動画ですね。

長期的に稼ぐためにも楽をせず、
健全にチャンネル運営を続けることが大切です。

 

 

削除されない動画ジャンル

 

削除されない動画とは、
一言でいうと、
上記の動画以外、ということになります。

 

①自分で撮影した動画

②自分で撮影した画像と自分で作成した文章で成り立つ動画

③ネット上から著作権フリーでダウンロードした動画や音源、画像などを使った動画

などです。

 

ただ、こういった動画は残念ながら、
かなりの工夫をしないと再生数は稼げません。

 

ヒット動画の要素は、

・オリジナリティ

・おもしろさ

・共感

が必要です。

 

それを生み出すために必要なことがリサーチです。

他の人の動画を徹底的にリサーチして、

 

どんな動画が再生数が伸びているのか?

どんなジャンル、動画の構成、色使い、見せ方なのか?

サムネイルやタイトルの付け方は?

 

そういったことをリサーチしていると、
ヒットする動画の共通性が見出せるようになります。

それが見出せるようになったら、
パクらなくても簡単にヒット動画を生み出すことができます。

 

 

最後に

今後はさらにYouTubeの規制が強くなっていくと思われます。

削除されずにヒット作を増産できるように
リサーチの達人になることが大切です。

 

ただ、クリーンなチャンネル運営をしていても、
残念ながら誤BANをくらうこともあります。

そういった場合は、異議申し立てをすれば
基本的に復活するはずですので、
安心してください。

復活方法は以下の記事で説明しています。

⇒ YouTubeチャンネル停止になったときにやるべきこと

 

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

スカイプ無料コンサル、1回1時間実施中です。お申し込みはこちらから


一度設定したらほったらかしでリストが集まる強力ツールを無料配布しています。